ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > イベント情報 > 2016年度 > 山形ゼロ災3か月運動・2016 (28.10.1~28.12.31) ~つみとろう危険の芽 今すぐ参加し先制パンチ!~

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

山形ゼロ災3か月運動・2016 (28.10.1~28.12.31)

~ つみとろう危険の芽 今すぐ参加し先制パンチ! ~

 

山形労働局・各労働基準監督署 

 

icon_top_kijun.gif 「山形ゼロ災3か月運動・2016」リーフレットはこちら(icon_pdf.gif1838KB)をご覧ください。

icon_top_kijun.gif 参加申込書(様式第1号)兼結果報告書(様式第2号)はこちら(icon_pdf.gif220KB)をご覧ください。

icon_top_kijun.gif 参加シールの使用方法はこちら(icon_pdf.gif127KB)をご覧ください。

icon_top_kijun.gif 主催者(山形県労働災害防止関係団体連絡協議会・各地区労働基準協会)はこちら(icon_pdf.gif148KB)をご覧ください。

icon_top_kijun.gif 後援機関はこちら(icon_pdf.gif120KB)をご覧ください。

icon_top_kijun.gif 参加事業場名簿はこちらをご覧ください。 

icon_top_kijun.gif 達成事業場名簿はこちらをご覧ください。

icon_top_kijun.gif「山形ゼロ災3か月運動・2016」の実施結果はこちらをご覧ください。

 

趣  旨

 山形県内の労働災害による休業4日以上の死傷者数は、平成22年から4年連続で増加した後、平成26年、27年と連続して減少し、死亡者数も減少しましたが、本年は、6月末現在の速報値でみると昨年に比べ2.6%増加しており、非常に厳しい現状にあります。  

これら労働災害の発生要因をみると、経験のある安全衛生担当者の退職等による安全管理体制の弱体化、熟練労働者の人材不足、労働者の高齢化、労働者不足等が考えられ、これらのことへ的確に対応し、真に安全な職場を形成するためには、労働安全衛生法に定められた最低基準の安全確保にとどまらず、様々な安全対策を積極的に展開し、関係団体はその取組を支援する必要があります。

  このような状況下、誰もが安心して安全で健康に働くことができる社会を目指して、死亡災害はもちろん全ての労働災害を発生させないため、関係団体等の協力のもと、個々の事業場が積極的に参加して「山形ゼロ災3か月運動・2016」を展開します。

 

実施事項

 1 経営トップによる「安全衛生に関する宣言」

 労働災害の防止は事業主の責務であり、この責務を全うするには、何よりも経営トップが労働者の安全と健康の確保を自らの問題として認識し、率先してこれに取り組むことが重要です。

 このため、労働災害防止に向けた方針をトップ自らが表明し、それに基づいて労使が協力して行動していくようにしなければなりません。労働災害の増加を許さないという意志として、各事業場の経営トップが、「自社においては労働災害を起こさない。」という強い意識を表明するものとします。

「宣言文」の例文は、こちら(icon_word.jpg 33KB)をご覧ください。

 

 2 「3か月間無災害運動」(10月1日から12月31日まで)

 無災害は、1日1日の積み重ねです。安全衛生管理体制を確立し、労働安全衛生関係法令を遵守しつつ、更に事業場における安全衛生水準を向上させていく必要があります。そのためには、KY(危険予知訓練)、4S(整理、整頓、清掃、清潔)、ヒヤリハット報告活動、安全衛生改善提案活動、ツールボックスミーティング、職場巡視等の自主的な安全衛生活動を全員参加により日々継続して取り組むことです。

 無災害を継続して進めて行くための一つのステップとして、3か月間としました。運動は終了しても、引き続き取り組みを続けていくことが重要です。

 「3か月間無災害」を達成した事業場は、「達成シール」を貼付してください。

 

 3 「毎月1日は安全点検の日」

 労働災害を防止するために、具体的な実施すべき事項の一部をピックアップしたのが点検表です。この点検表は、前月の結果を確認する形式としました。

 安全委員会等で話し合いながら点検し、不備な点については改善方法を検討し、優先順位を付けて改善していくことが大切です。これを毎月繰り返すことにより、危険性や有害性を低減・排除しより良い職場を形成し、快適で作業のしやすい職場環境を実現することが出来ます。

「点検表」はこちら(icon_excel.jpg71KB)をご覧ください。

  


 

実施事項 

1 経営トップによる「安全衛生に関する宣言」

2 「3か月間無災害運動」(10月1日から12月31日まで)

3 「毎月1日は安全点検の日」

運動期間

平成28年10月1日から同年12月31日まで

参加申込期間

平成28年8月15日から同年9月26日まで

参加費

無料

参加資格

山形県内の事業場(本社、支店、営業所、工場、店舗、施設等ごと) 

建設業においては、工事施工期間が運動期間の10月1日から12月31日の期間以上にわたる工事は、

現場単位で参加できます。

参加申込方法

「参加申込書」(様式第1号)にご記入の上、主催者団体のうちいずれか1団体に郵送又は

FAXで申し込んでください(参加申込書は、結果報告書を兼ねています)。

参加シールの交付

参加申込のあった事業場には、「参加シール」を交付します。

達成シールの取扱

「3か月間無災害」を達成した事業場は、「達成シール」を貼付します。

1日以上の休業災害が発生した場合、「達成シール」は貼付しないでください。

参加・達成状況の公表

主催者団体や山形労働局のHP等で公表します(掲載承諾事業場のみ)。

結果報告

参加事業場は、運動期間終了後、平成29年1月13日(金)までに、「結果報告書」(様式第2号、参加申込書と兼用)を参加申込みされた主催者団体に郵便又はFAXで送付してください。

 

 

 

    「山形ゼロ災3か月運動・2015」はこちらをご覧ください。

    「山形ゼロ災3か月運動・2014」はこちらをご覧ください。

    「山形ゼロ災3か月運動・2013」はこちらをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 健康安全課 TEL : 0 2 3 - 6 2 4 - 8 2 2 3  FAX : 0 2 3 - 6 2 4 - 8 2 3 5

山形労働局 〒990-8567 山形市香澄町3丁目2番1号 山交ビル3階

Copyright(c)2000-2016 Yamagata Labor Bureau.All rights reserved.