ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > 発表資料 > 2017年度 > 平成29年度11月末の労働災害発生状況(速報値)~前年同月比で0.4%増加しているものの、増加率は落ち着いてきている。~
ニュース&トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。


報 道 発 表 資 料


 

 山形労働局発表 平成29年12月13日(水)  

山形労働局労働基準部健康安全課 健康安全課長 鈴木義和 課長補佐 久保田幸信 電話023-624-8223 FAX023-624-8235

 

 平成29年11月末の労働災害発生状況(速報値)

~前年同月比で0.4%増加しているものの、増加率は落ち着いてきている。~

 

  平成29年1月から11月末までに、山形県内で発生した労働災害による休業4日以上の死傷者数(速報値)を発表します。(詳細は別紙のとおり。)

 

【労働災害の特徴】
 ・休業4日以上の死傷者数は949人と、前年同月比で4人(0.4%)増加しているものの、増加率は落ち着いてきている。
 ・死亡者数は3人と、前年同月の5人から2人減少している。
 ・陸上貨物運送事業では前年同月比で27.9%増加、建設業では同じく2.4%増加している。
 ・全災害の4割以上(43.5%)を占める第三次産業では同じく3.0%増加し、そのうち小売業では7.6%、社会福祉施設では 

 4.8増加している。
 ・他方、製造業では-6.1%減少している。

 

【山形労働局が実施している労働災害防止のための取組】
 ・山形労働局では、冬期型災害の防止のため、「冬の労災をなくそう」(実施期間:12/15~2/15)を実施し、労働者及び  

 事業者に凍結や積雪による危険性を再認識してもらうとともに、凍結し易い箇所を示した「転倒危険マップ」を作成・掲 

 示し危険箇所の情報を共有するなどの対応を事業場に呼びかけている。

 

 平成28年及び平成29年1月から10月末までの労働災害発生状況(速報値)

 

業  種 

 H28年

 H29年

 増 減

 増減率

 構成比

 全産業計 

 945 ➄

 949 ➂

  4

 0.4%

 100.0%

 製造業

261 

245  

 -16 

 -6.1%

 25.8%

 建設業

 167 ➂

 171 ➀

  4

  2.4%

 18.0%

 陸上貨物運送事業

   61 ➀

78 

 17

 27.9%

 8.2%

  第三次産業

 401 ➀ 

  413 ➁

 12

  3.0%

 43.5%

 小売業

105 

 113 ➀

  8 

  7.6% 

 11.9% 

 社会福祉施設

 83 

87

  4 

  4.8% 

  9.2% 

 飲食業

26

26

 0

  0.0%

 2.7%

  

  ・労働基準監督署に提出された休業4日以上の死傷災害に係る「労働者死傷病報告」により集計したもの。

   (○数値は死亡者数を内数で示す)
     
     (注) 「増減」「増減率」は前年同月との比較、「構成比」はH29年の業種構成比。 

 

 

 報道発表資料(平成29年12月13日)はこちら(302KB; icon_pdf.gifPDFファイル)

 

  【別紙】 

   平成29年 山形県内における労働災害発生状況(速報)(178KB; icon_pdf.gifPDFファイル)

山形労働局 〒990-8567 山形市香澄町3丁目2番1号 山交ビル3階

Copyright(c)2000-2016 Yamagata Labor Bureau.All rights reserved.