ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > 発表資料 > 2017年度 > 平成29年度上半期 男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法施行状況(速報値)を公表します~平成29年度1月改正法により義務化された「妊娠・出産、育児休業等に関するハラスメント」を主として、行政指導件数が増加~
ニュース&トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

 


報 道 発 表 資 料


 

 山形労働局発表 平成29年12月26日(火)  

 山形労働局雇用環境・均等室

    室                  長    磯      敦夫

    室    長    補    佐    西長布紀子

    (育児・介護休業法、パートタイム労働法担当)

   雇用環境改善・均等推進指導官   長島    純

                          (男女雇用機会均等法担当)

    電話  023-624-8228  

 

  平成29年度上半期   男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、
  パートタイム労働法施行状況(速報値)を公表します

 ~平成29年1月改正法により義務化された「妊娠・出産、育児休業等
に関するハラスメント」を主として、行政指導件数が増加~

 

  山形労働局(局長:庭山 佳宏)では、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法及びパートタイム労働法に基づく措置や制度等に関しての相談対応や行政指導等を実施しております。
   当局は、その平成29年度上半期施行状況を取りまとめましたので、公表します。

 

 1 相談の状況

 ・男女雇用機会均等法関係の相談件数は、115件。相談の内容としては、「セクシュアルハラスメント(39.1%)が最も 多く、次いで「妊娠・出産等を理由とする不利益取扱い」(23.5%)、「妊娠・出産等に関するハラスメント」(21.7%)が多い。
・育児・介護休業法関係の相談件数は、424件(育児関係 249件(58.7%)、介護関係157件(37.0%)。育児関係では、「育児休業」(42.2%)、介護関係では、「介護休業以外(介護休暇、所定労働時間の短縮措置など)」(38.9%)が最も多い。
・パートタイム労働法関係の相談件数は、12件。「均等・均衡待遇関係」、「体制整備」(いずれも33.3%)が最も多い。


2 行政指導の状況
・男女雇用機会均等法関係は、78事業所に対し報告徴収を実施し、そのうち69事業所に194件の行政指導を行った。
・育児・介護休業法関係は、86事業所に対し報告徴収を実施し、その全ての事業所に543件の行政指導を行った。
法改正により事業主の義務となった、「妊娠・出産、育児休業等に関するハラスメント防止措置」について、男女雇用機会均等法関係では、66件と、「母性健康管理」71件に次いで多く、育児・介護休業法関係では、138件(育児69件、介護69件)と最も多かった。
・パートタイム労働法関係は、59事業所に対し報告徴収を実施し、その全ての事業所に218件の行政指導を行った。

内容としては、「労働条件の文書交付等」52件、次いで「通常の労働者への転換」37件が多かった。

   

   詳細はこちら(525KB; PDFファイル)

 

 報道発表資料(平成29年12月26日)はこちら(524KB; PDFファイル)

   
   

山形労働局 〒990-8567 山形市香澄町3丁目2番1号 山交ビル3階

Copyright(c)2000-2016 Yamagata Labor Bureau.All rights reserved.