ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報労働局について
ホーム > ニュース&トピックス > 発表資料 > 2017年度 > 労働災害の防止に向けた取組の徹底を要請~労働災害の増加を受け、労働災害防止団体等に~
ニュース&トピックス

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。


報 道 発 表 資 料 


山形労働局発表 平成29年10月12日(木)  

山形労働局労働基準部健康安全課 健康安全課長 鈴木義和 課長補佐 久保田幸信 電話023-624-8223 FAX023‐624-8235

 

労働災害の防止に向けた取組の徹底を要請

~労働災害の増加を受け、労働災害防止団体等に~ 

 

 

 ○ 平成29年9月末現在(速報値)、山形県内における労働災害による休業4日以上の死傷者数は、全産業計で763人

   と前年同月比で30人(4.1%)増加し、また、建設業等の主要業種でも大幅に増加しています。

    また、この増加傾向で推移すると、山形労働局第12次労働災害計画の目標も危ぶまれる状況にあります。

   【別紙、別添1・2参照】

     このため、労働災害の増加を受け、山形労働局(局長:庭山佳宏)では、本日12日、労働災害防止団体等に対し、

  労働災害の防止に向けた取組の徹底について文書要請を行いました。

 

  ○ 具体的には、5つの労働災害防止団体及び関係事業者団体に対し、

   ➀ 経営トップによる自主的安全管理活動の取組の徹底

   ➁ 「山形ゼロ災3か月運動・2017」(※)の的確な実施

   ➂ 「STOP!転倒災害プロジェクト」の一層の取組

    を共通の要請事項とし、このほかに、各業種特有の取組みを要請しました。

     【別添3(1)~(5)の「要請文」参照】

 

  ○ なお、明日13日に開催される「山形県産業安全衛生大会」においても、要請内容の実施を呼びかけることとしてい

   ます。(10月13日13:20~ 河北町総合交流センター「サハトべに花」)

   

 

 (※)  山形ゼロ災3か月運動は、「経営トップによる安全衛生に関する宣言」・「無災害運動」(経営首脳による職場巡視・4S(5S)活動・KY(危険 

    予知活動)等の取組の実施)・「安全点検の日の設定」等の自主的取組を実施し3か月の無災害を目指す運動。 

 

報道発表資料(平成29年10月12日)はこちら(206KB; PDFファイル)

 

【添付資料】

 

  別添1 「平成29年 山形県内における労働災害発生状況(速報)(9月末現在)」(187KB; PDFファイル)

  別添2 「第12次労働災害防止計画の目標達成状況(平成29年9月末の評価)」(242KB; PDFファイル)

  別添3 「要請文」( (1)~(5) )(210KB; PDFファイル) 

 

山形労働局 〒990-8567 山形市香澄町3丁目2番1号 山交ビル3階

Copyright(c)2000-2016 Yamagata Labor Bureau.All rights reserved.